学会誌 > 理事長賞

JCEH
  • JCEH掲載優秀論文に対する理事長賞

     各年の1月1日から12月31日の間にJCEHに掲載ないし未掲載でも採択可とされたoriginal articleのうち、理事長と編集委員会によって優秀論文と判定された2編の論文に対し(該当論文なしの場合もありうる)、理事会の承認を得て、総会で理事長賞(賞状と賞金)を授与します。ただし、会員が筆頭筆者であることが必要条件となります。会員からの積極的な投稿をお待ちしています。


    《平成27年 理事長賞》

    下田 和哉 (宮崎大学医学部 内科学講座消化器血液学分野)
    TET2 Mutation in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma. JCEH 55(3):145-149, 2015

    佐藤 浩子 (いわき市立総合磐城共立病院 歯科口腔外科)
    Plasmacytoid Dendritic Cells Producing Interferon-α (IFN-α) and Inducing Mx1 Play an Important Role for CD4+ Cells and CD8+ Cells in Necrotizing Lymphadenitis. JCEH 55(3):127-135, 2015


    《平成26年 理事長賞》

    西東 洋一(熊本大学大学院生命科学研究部細胞病理学)
    Role of CD204-Positive Tumor-Associated Macrophages in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma. JCEH 54(1):59-65, 2014

    後藤 尚絵(岐阜大学医学部血液病態学)
    Serum Soluble Tumor Necrosis Factor Receptor 1 Level is Associated with the Outcome of Diffuse Large B-Cell Lymphoma Patients Treated with the CHOP or R-CHOP Regimen. JCEH 54(2):117-127, 2014


    《平成25年 理事長賞》

    林 敦志(岡山赤十字病院)
    The Evaluation of Immunohistochemical Markers and Thymic Cortical Microenvironmental Cells in Distinguishing Thymic Carcinoma from Type B3 Thymoma or Lung Squamous Cell Carcinoma JCEH Vol.53(1):9−19,2013

    川端 浩(京都大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科)
    Clinical Features and Treatment of Multicentric Castleman’s Disease : A Retrospective Study of 21 Japanese Patients at a Single Institute JCEH Vol. 53(1):69−77,2013


    《平成24年 理事長賞》

    大西 紘二(熊本大学大学院医学薬学研究部 生体機能病態学講座 細胞病理学分野)
    Immunohistochemical Detection of Possible Cellular Origin of Hepatic Histiocytic Sarcoma in Mice JCEH Vol.52(3):171−177,2012


    《平成23年 理事長賞》

    菰原 義弘(熊本大学大学院生命科学研究部 細胞病理学)
    M2 Macrophage/Microglial Cells Induce Activation of Stat3 in Primary Central Nervous System Lymphoma. JCEH Vol. 51(2):93-99, 2011

    河野 徳明(県立宮崎病院 血液内科)
    Clinical Features and Outcomes of 35 Disseminated Intravascular Coagulation Cases Treated with Recombinant Human Soluble Thrombomodulin at a Single Institution. JCEH Vol. 51(2):101-107, 2011


TOP